女性の資格ベスト100選

就職・転職にすぐに役立つ!女性の資格の全てを紹介

いまこそ、女性の資格が生かせる時代です。

女性の資格が求められる訳

 新卒女子大生の就職戦線は「どしや降り」を通り越して、もう「氷河期」とさえいわれる、最近の求人状況。  女子の中途採用も同様で、求人情報誌もかつてのバブルのころに比べると、すっかり厚みが薄くなつてしまいました。
 「景気のよかったころなら募集を出してもなかなか応募のなかった小さな会社でも、いまは『女子募集』とあれば何十人、何百人も応募が来て困るくらい」とささやかれるほど、女子の就職は狭き門になってきたのです。 そんななかで、女性の間でなにかと話題にのぼるのが、「資格」です。
 「会社帰りに経理学校に通っている」「TOEFLめざして英語のテープを毎日聞いている」という友達の噂を、最近はよく耳にするようになってきたのではないでしょうか。
 いまのアシスタント的な業務から脱して転職やステップアップをめざすOL、再就職をめざす主婦、さらに「1つくらい履歴書に書けるものを」という女子大生の間でも、資格の取得はもうブームを通り越し、当たり前になっています。
 でも、どうしてそんなに資格の取得が人気を集めるのでしょうか。
 もちろん資格にもさまざまな種類のものがあって、一概にどうとはいえません。でも、ある程度難関といわれる資格をもっていれば、それだけ「ツプシ」がきく、というのは確かです。
 就職の「切り札」とまではいかない比較的取りやすい英検2級、簿記2級といったレベルでも、資格をもっていれば、もっていない同じ能力の人と比べた場合、採用される確率は高くなります。
 不況の世の中、資格は少しでも自分を高く売り込んで、自分の能力ややる気をアピールする客観的な判断材料となるのです。

女性は人より一歩上をいく「プラスα」を

 新開の求人広告や求人情報誌をめくつてみて気がつくのは、男性の募集に営業が多く、なかには「幹部候補募集」とうたっているのもあるのに対して、女性に多いのが事務、販売、営業アシスタントなど、男女雇用が平等のはずの世の中にもかかわらず、はっきりした差があること。
 「ど−して?」と憤る気持ちはわかりますが、これが現実なのです。一般に日本社会では、男性がゼネラリスト的な働き方を要求されるのに対して、女性は縁の下の力持ち的な補助的な仕事か、あるいはスペシャリストとしての即戦力が求められています。
 女性は結婚・出産で退職する確率が高く、入社してからの職業訓練に投資できない、というのが雇用側の言い分なのです。
 この厳しい現実の中でサバイバルしていくには、ただ毎日、与えられた仕事をきちんとこなしていくだけではもの足りません。人とは違った、何か「プラスα」になるものを身につけている必要があるのです。資格や技術は、そんな意味でも女性の就職・転職を有利にする武器になってくれます。

ライフプランを考えて、活用できる資格を

 いまや社会に出て働くことは、女性にとって珍しいことでもなんでもない世の中。とはいっても、「結婚して子どもができても仕事が続けられますか?」と開かれて、即座に「YES!」と答えられる女性は、まだまだ少数派です。
 「結婚しても共稼ぎしたいけれど、子どもができたらちょっと……」「せめて子どもが小学校に入るまでは、一緒にいてあげたい」という女性が日本ではほとんどでしょう。
 労働省での調査でも、20〜24歳で8割近い女性が就労しているのに対し、30〜34歳では半分近くに減少し、その後再び緩やかに増えるというM字型を描いています。
 結婚や出産でいったん家庭に入り、子どもの手が離れれば再び外に出て働く、というのが一般的な就労パターンとなっているのです。
 再就職、となるとものをいうのが資格です。もちろん資格もキャリアがあってのもの。リタイアしている間に社会はどんどん変わっていきますから、資格があっても生かせないケースも少なくありません。
 それでも、それまでの職務経験の延長線上にある資格や自分の得意とする分野の資格なら、いったんリタイアしても再就職に生かせるはずです。

資格の取り方生かし方

プロフェッショナルへの道

キャリアアップ系の資格

社会貢献系の資格

語学系の資格

コンピューター系の資格

男に負けない系の資格

スペシャリスト系の資格

好きなこと系の資格

サイトマップ

Copyright(C)2012 女性の資格ベスト100選 All Rights Reserved.

アルバイト求人探し
SEO対策ToplinkサーチNet Office Nakai